さようなら日根野165系

1986年秋以来日根野区に配属された165系急行型電車が2002年の春改正にて引退の時を迎えました。愛着のある地元の車両でもあり、名残を惜しんできました。


紀伊田辺行き

かつて新宮行き夜行として親しまれた列車を前身とする紀伊田辺行きです。新宮行き時代から165系が使われていましたが、この運用からも離脱しました。(列車そのものは存続しています。)

[写真:新大阪にてその1] [写真:新大阪にてその2]

新大阪発車時点ではすいているのですが、天王寺から通勤客が一斉に乗ってきます。乗客の絶対数は特にほかの阪和線快速と大差はないはずですが、2ドアの急行型なので乗り降りに手間取り、体感上の混雑率はかなりのものでした。

[写真:天王寺にて]

さよなら運転

定期列車からの離脱から1週間後、白浜−天王寺間でさよなら運転がされました。

急行型電車ながらこの区間で急行として営業されたことはありません。(臨時列車としてはあったはずですが。)紀勢本線電化後も急行は気動車のままで、その後電車急行化されることなく特急に統一されたためです。165系が日根野区にやってきたのは特急統一後のことでした。

この列車の到着する天王寺駅の1番線はかつては特急や急行の専用ホームであり、もし165系が急行として使われていたなら似合ったはずです。

[写真:さよなら列車到着]

さよなら運転ではヘッドマークもつけられ、また運転室に花も添えられ最後の花道を飾りました。

[写真:ヘッドマーク] [写真:花が添えられた運転室]

Railway Archives>さようなら日根野165系 http://hit.vis.ne.jp/archives/165/
このサイトについて(連絡先等)